ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

あの頃の培倶人 -From Nom Vol.6-

バイクグッズが定番の読者プレゼントコーナーに並ぶ品も「培倶人」ならではでした

あの頃の培倶人

創刊当初の「読者プレゼント」コーナーにも、培倶人ならではのこだわりが満ち満ちていました。

バイク誌のプレゼントコーナーといえば、当然、各種バイクグッズが揃っているものですが、培倶人はそんな既成概念にはまったくとらわれていませんでした。

プレゼント品のコンセプトは「ツーリング取材先で調達したもの」。そりゃあ、バイクグッズなんて旅先じゃ手に入りませんよね。なので、バイクグッズに代って大きく紹介されていたものは……。

読者プレゼントがお酒やなまはげ こんなところも「培倶人」でした

多くの雑誌にある読者プレゼントページ。本誌も創刊号から設けていましたが、一風変わっていたのがプレゼント品の内容です。通常、バイク雑誌なら、ウエアやパーツといったバイク用品が揃っているものですが、創刊当時の本誌はツーリング記事の取材で行った先の名産物などを担当者が(基本的に)購入して、それをプレゼントとして提供していました。

いま手に取ったVol.7(2003年9月号)のプレゼントページにも、バイクグッズ以外のいろいろなものが並んでいます。

東北・秋田からのラインナップは......

東北を旅したマヒトさんからは、宮沢賢二の言葉が印刷された「アメニモマケズ手ぬぐい」や秋田の「なまはげの鈴」。

八ヶ岳からは「達人そば打ち指南」のマニュアル本

うまいそばを求めて八ヶ岳を走ったボス・根本のうまいもんツーリングは「達人そば打ち指南」という有名そば店店主の書いたマニュアル本。

青森県・白神山地に行った酒好きライターが選んだのは

雄大な青森県・白神山地を巡ったライターのOさんからは、酒好きの彼らしい「米焼酎・白神の詩&長寿の水」と「黄金崎不老不死温泉音頭」のCD。

石川啄木の故郷・岩手からは「革の文庫本カバー」

さらには、石川啄木の故郷・岩手を訪ねた例の「小説の舞台を訪ねる」からは、なぜか「革の文庫本カバー」と「小岩井のりんごジャム&イチゴジャム」といったラインナップ。

数少ないバイク用品は、あくまで小さく......

同じページには、多くのライダーが欲しがりそうなラフ&ロードの容量75リットルの大型防水シートバッグも掲載されているのですが、その写真の大きさはなまはげの鈴の5分の1くらいの大きさ。こんなところも初期の培倶人らしさだったのです。

 Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔人

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括

もし、このコラムを読んで当時のことをもっとお知りになりたくなったら、NomのBlog(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/)のアーカイブもご覧いただければと思います。