ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

BikeJIN Members限定コラム あの頃の培倶人 -From Nom Vol.5-

旅でもないし、観光案内でもない そんな企画もありました……

あの頃の培倶人

しつこいようですが、「ほかとは違う」をコンセプトにしていた培倶人、企画だって当然、既存のバイク誌とは違うことが重要なポイントでした。

女性がスカートをはいたり、ワンピースを着てバイクに乗るとか、斬新ではあるけれど、いま思えばよくやったなぁなんて思う企画もドンドン掲載していました。

結構長い間、連載をしていた企画にもそういう類のものがありました。それが「小説の舞台を訪ねる」。タイトルだけ聞くと、ツーリングのプランニングに役立つ紀行もののような感じですが、ところがどっこい……。

この記事はBikeJIN Members限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

BikeJIN WEBを全部楽しめる!

今すぐ登録

BikeJIN Membersの方はこちら

ログイン

Nom エイ出版社バイク誌プロデューサー/ジャンケン魔神

BikeJIN、RIDERS CLUB、DUCATI Magazine、BMW BOXER Journal(現BMW Motorrad Journal)などエイ出版社発行のバイク誌の編集長を歴任。現在は、趣味誌を中心にエイ出版社発行の媒体を統括

もし、このコラムを読んで当時のことをもっとお知りになりたくなったら、NomのBlog(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/)のアーカイブもご覧いただければと思います。