ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【阿蘇】BikeJINコラボメニュー今年も誕生です!


きたきた熊本! きたきたコラボメニュー!
昨年BikeJIN200号で初登場したこの企画
皆様からの熱い応援のおかげで再開催です! アリガトー!
今回はメイン食材にあか牛を据えて
阿蘇の郷土料理や注目メニューを一度に味わっていただける4食のお品書き
“ハズさない”ライダーの阿蘇グルメ。今年も味わって欲しいんだモン!!

“多聞恵美監修”BikeJINコラボメニューができるまで

昨年同様、阿蘇エリアの地元自治体の方々のご協力を元に、各エリアの著名なお店から隠れた名店までの4店舗を編集部と一緒にレコメンドさせていただきました!

ツーリングルートに組み込みやすい、バイクが停めやすい、郷土の味も雰囲気もいいetc…と厳選の4店舗!

実際にタモンがお店に伺い、まず人気メニューや店主お勧めの品をいただきます。その食べた感想を元に、ライダーに人気が出そうな組み合わせなどをアレンジしてもらって完成。ぜひ、味わいに行ってください!

味わいだけでなくボリュームもみるために試作含めて必ず完食

コラボメニュー実施店

阿蘇にある4店舗

期間:2020年9月1日~11月末日まで
注文方法:通常のオーダー通りでOKです!
特典:BikeJINステッカーがもらえます!

阿蘇コラボグルメ今年も始動します!

阿蘇にはうまいもんがあふれている! とはいえ、どこでランチを食べるのかは重要です。どのお店でも阿蘇のグルメは満足できるが、やっぱりとびきりのものを食べたい。仕事の合間に絞り出した貴重な、貴重な休み。そう何食もカンに頼ってお店を選べない……。と、昨年スタートしたこのコラボグルメは、まさにそんな食に迷えるライダーを救うべく始まった、自分で言うのもナンですが神企画! 今年もご指名いただけたからには、さらに阿蘇の魅力を引き出すべく張り切って参りました!

ファームレストランまきば

さて1軒目にご紹介するのは「ファームレストランまきば」さん、早速のスイーツ! というのもこのお店、熊本空港からほんの15分強の距離。めっちゃ近いんです! だから移動は飛行機、界隈でレンタルバイクという方にも「よし、まずは一服しながら今日のプランを再確認するか」だったり「ああ、楽しかった阿蘇。でも最後にもう一軒行きたいな」。そんなときに利用していただくのにピッタリな立地なのです。

今年4月にリニューアルオープンしたカフェレストラン。広く空間をとった店内は爽やかでかわいらしく、女性同士のツーリングやカップルにもオススメ。地元食材を使った手作りのハンバーグやシチューなどの食事メニューもあり。ランチタイム中でもコラボメニューの注文が可能です

まきばさんがあるのは県道28号沿い。この道は阿蘇高森線とも呼ばれ、熊本空港からこの道を真っすぐ進めば南阿蘇エリアに到達できる阿蘇ツーリングには欠かせない道路です。

実はこのお店、道路を挟んだ向かいには牧場がありそちらの直営レストラン。ということは……、「絶対に牛乳メニューが食べたーい!」とリクエストし、シェフでもある若い店主から一押ししていただいたのが山田牧場の牛乳を使ったパンナコッタ。モ~、美味しいんだなコレが! 生クリームのような脂肪分も感じるミルクの味を素直に調理した優しい一品です。このパンナコッタを中心に、お店自慢のスイーツメニューを贅沢にオンパレード! ガトーショコラはずっしり濃厚な満足感だったので少し小ぶりに、チーズのアイスやカフェラテのアイスは牧場直営ならではで、添えられるのはビスコッティや焼きメレンゲ、さらには季節のフルーツまで!

特別な、けれど普段使いもできるお値段で実現していただきました。だってこれドリンクバー付きの価格!

moto(バイク)でDolce(甘味)を楽しんでね♡

市内から移住でこちらに勤め始めたというご主人ファミリー。奥様と娘ちゃん2人の看板娘が出迎えてくれますヨ

熊本空港のほうを向かって走った時に、右手にあるのがこちらのレストラン。以前はビュッフェ形式のお店だったそうです。道を挟んだ左手側は山田牧場

コラボメニュー:Dolce la kuma-moto

「Dolce la kuma-moto」1200円

女性を誘いやすいメニュー
ご当地甘味も必食♡

DATA
ファームレストランまきば
住所:熊本県阿蘇郡西原村小森1801-4
TEL:096-279-4004
営業時間:11:00~17:00
定休日:火曜
HP:http://yamada-milk.com/restrant.html

DABERIBA

2年前の夏からオープンした産山エリアで大注目のカフェ。県道40号沿いですが、お店への入り口がスロープで少し坂を上がるようになっているので見落とさないようご注意を。焼きアーモンドもお土産に人気!

「絶対にハンバーグとベーコン!」。お店のHPを見た段階でそう心に決めていたダベリバさんでのコラボメニュー作りは実にスムーズでした。それは、このお店も美味しいに違いないと確信めいたものを持って訪れたからでもあったのですが……。そう思っていたはこのお店が産山にあるからです。名水として誉れの高い池山水源の恵みを受ける産山。昨年オムライスのコラボメニューでお世話になった山水亭さんもこの産山のお店で、その時になんともいえない味の透明感に驚いた記憶が蘇っていました。

そして、その予感は大的中!もともとランチメニューとしてハンバーグもベーコンも既存のものだったのですが「どっちも食べたい!」の願望を一皿で叶えるべく、「200g 超えのハンバーグon厚切りベーコンを1枚ドドーン!」のスペシャルメニューが完成しました。彩りあるトマトも効いてるでしょ。

盛り付けられたサラダの野菜はもちろん地元産。雑味のない透き通った味わいと噛むほどに楽しくなるようなシャキシャキ食感は、こっちがメインといっても引けをとらないほど。そして、ハンバーグは産山のあか牛100%! 粗目にひいたお肉にタマネギが混ぜ込まれていて、一口ほおばれば口の中でジューシーにほぐれてゆきます。さらに、手作りの産山村産トマト100%のソースを絡めれば、後味のさっぱり感も手伝って200g なんてペロッといけちゃう美味しさ。お子さん連れにも人気という理由が良く分かります。それに対してベーコンは、もうド級の味の強さと分厚さ。すぐ近くにある有名精肉店「焼肉正」さんから仕入れているというこれも自慢の逸品です。

元保育園だったという建物の歴史にもちなんだ一皿、産山の美味しいお米と一緒にどうぞ!

縁あって子供たちと移り住んだという店主ご夫妻。お子さん連れにも優しいお店

畳の小部屋、その名も畳ラウンジ完備! 扉をしめ切って個室のようにすることも。お子さん連れの方は事前確認してみてね

元保育園だった建物は今もその名残が。ご主人自らリフォームした手作り感のある店内は料理同様に優しさを感じます。大人数の際は事前連絡を

コラボメニュー:ライダーおとなさま定食

「ライダーおとなさま定食」1950円

ハンバーグもベーコンも食べたい
名物アーモンドもトッピング

DATA
DABERIBA
住所:熊本県阿蘇郡産山村田尻581-2
TEL:0967-25-3650
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜
HP:https://www.daberiba.com/

わろく屋

創業は江戸末期、黒川温泉郷の300年の歴史を見守り続ける老舗「御客屋」の姉妹店。温泉街の中心地にあり店先に駐輪は不可能、必ず温泉街の共同駐車場や宿泊する宿の駐車スペースを利用しよう。旅館組合の広場からは徒歩でべっちん坂を下ればすぐ。今回写真の紹介はありませんが自家製レモネードも美味しかった!

お次は所変わって黒川温泉へ。といっても産山村からはやまなみハイウェイ経由で30分かからないご近所です。

こちらでコラボメニューにご協力いただいたのは、黒川温泉で一番の老舗宿・創業300年の御客屋の姉妹店「わろく屋」さん。お宿の御客屋で提供される食材は自家農園・自家精米と、聞けば聞くほどにこだわり深く、そのノウハウも活かしたカフェ&レストラン。高級温泉地のど真ん中にも関わらず、阿蘇あか牛をリーズナブルにいただくことができます。

実は今回、メニュー構成に最も悩んだと言っても過言ではないこちらのお店。だってすでにツボを押さえたお品書きが勢ぞろいしていたんです。そんな中、偶然が重なり誕生させることができたのが、あか牛ローストビーフを御膳仕立てにしたこのメニュー! 名物カレーも一緒に食べられる、イイトコドリの贅沢なセットです。

ローストビーフはしっとり、そしてあっさりとした旨みに細やかなキメの味わいで、「これぞあか牛!」とニンマリしてしまう美味しさ。けれど当初のこの単品だとワインやお酒がほしくなる一品でした。メニュー考査のために次々に試食させていただいた際、せっかくだからと普段はつけていないというあか牛のお重用ソースも添えていただいたんです。それを付けて口に含んだ瞬間に閃きました、甘じょっぱい味噌の風味にあか牛の繊細な旨みのハーモニー。「これはご飯に合う!」ってね!

そうしてメインが決まり、お次はカレー。でも、どれもそれぞれに後引く美味しさで決めかねる……とこれまた悩んでいたら、対応下さった女将さんが「カレーはお客さんが好きなのを一つ選んでいただくのはどうでしょう?」と助け船。それ、いただきましたー!ちなみに私はクリーミーで薬膳風味な肥後赤鶏白カレー推しですよ。

時計回りに阿蘇の大地の恵み豚の黒カレー、あか牛の赤カレー、肥後赤鶏&小国ジャージー牛乳の白カレー

老舗旅館ならば世襲制と思いきや、元は観光業だったという女将さん。黒川温泉への深い愛が素敵!

名水百選にも選出の池山水源など阿蘇は清らかな水に恵まれた穏やかな土地。つい先日に豊肥本線が全線開通! 鉄道路線や駅舎をまったり巡るのも◎

阿蘇はライダーにとって山と草原のイメージが強いかもしれませんが、里が見せてくれる日本の原風景もとても豊かで私は大好き。発光するように鮮やかな稲の緑は、私達の食卓に欠かせないお米を育む命の色。豊富な水源に恵まれたココはやっぱり特別な場所

明治期の古民家を移築したというRestrant&Cafe。落ち着いた照明とシックなカウンター構えで、バーの雰囲気も

コラボメニュー:あか牛とカレーの洋風御膳

「あか牛とカレーの洋風御膳」1950円

名物のカレーも楽しみたい
あか牛メニューも組み込みたい

DATA
わろく屋
住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6600-1
TEL:0967-44-0283
営業時間:10:00~17:00(LO16:00)
定休日:木曜
HP:http://www.okyakuya.jp/blog/shop/warokuya/

あそ路

開業は昭和40年代。お米が貴重品だった時代に、子供たちをお腹いっぱいにさせたい、と2代目の祖母の愛情と知恵から生まれ地元に根付いていた高菜の混ぜごはんが、たかな飯のルーツ。それをあそ路が豊肥本線の視察時に訪れた当時の鉄道大臣のもてなしに出したところ評判が良く、それをきっかけに名物として売り出すようになったのだそうです

「熊本グルメといえば?」と聞かれて、私が一番に思い出すのがこの阿蘇の郷土料理たかな飯。よく漬かり、しんなりとした高菜は噛み締めるたびに爽やかな酸味が広がる私の大好物で、ぜひ今回のコラボグルメに加えたかったのです。そこでお世話になったのが、たかな飯を料理として提供した元祖という「あそ路」さんです。

高菜漬けは熱が入ることで熟成した旨みがさらに引き出されるのだそうで、タケノコと一緒に炒め熱いうちにご飯と混ぜるのがあそ路スタイルのたかな飯。試食してびっくり、めっちゃ美味しい!私が今まで食べた中で一番好きな味で大興奮。そして同じく阿蘇の郷土料理のだご汁もモチモチのだごと、すっきりしているのに旨みの強いスープが美味しすぎて絶対に外せないし、副菜もなんてていねいに手作りされた味! もうこれは欲張るしかないと心を決めて、さらに取材当時はまだ提供されていなかった新メニューあか牛肩ロースの陶板焼きまでセットに組み込んでもらっちゃいました!

と、欲望のままのオーダーでかなりのボリュームになってしまったので、米塚をイメージしてこんもり盛られたたかな飯は小サイズにしてバランスをとりました。安心して注文してくださいね。

混雑時以外ならご飯の量や小鉢の追加など、どのメニューでもカスタム対応可とのこと。「常連さんは親せきのおばちゃんに頼むみたいに」と笑うご主人。春のたかな収穫を“たかな折り”ということや、阿蘇の料理は自然と一緒に育つんですよと、お店2階の座敷から広がる青空を眺めながら教えて下さいました。店のすぐ隣はJR豊肥本線の市ノ川駅で、つい先日に全線開通の明るいニュース!幹線道路の国道57号沿いの立地や元祖たかな飯のエピソードからも地元の方にも長く愛されてきたのが伝わるお店でした。

実はこちらのご主人はライダーだったそうで、旅の最初に伺ってオススメのツーリングルートをレコメンドしてもらうのも贅沢かも。って欲張りすぎかしらん!

陶板焼きには庶民のサーロイン・あか牛の肩ロースを。目の前でじゅわ~っと焼きあがるのを眺めながら、たかな飯から食べ進めるのがオススメ。ああ至福の香りで食が進む!

おばあちゃんの家に遊びに来たようなほっとする店構えと店内。1階がテーブル、2階が座敷で席数も多くマスツーでの立ち寄りにもピッタリ。ただし、人気店なのでグループ利用の際には必ず事前予約を

コラボメニュー:阿蘇欲張りすぎ定食

「阿蘇欲張りすぎ定食」2265円

阿蘇の名物料理をこの一皿に!
せっかくなので、おからも付けました

DATA
あそ路
住所:熊本県阿蘇市的石1476-1
TEL:0967-35-0924
営業時間:11:00~15:00
定休日:月曜
HP:https://asoji.com/

「阿蘇を守り伝えていきたい」。郷土料理も阿蘇の一部分

今まで以上に“食”に集中しながら阿蘇を巡った今回私が感じたのは、水が美味しい土地の食べ物はこんなにも身体が素直に受け入れるのか、という驚きでした。美味しさは安全な食の証とも言いますが、移住ご夫婦の奥様から「久しぶりに阿蘇の外に出たら子供が牛乳がマズイと言った」と聞かされ、本当にハッとしたんです。子供は敏感とはいえ、そんなに違うんだって。

阿蘇の大自然は、地元の方々の“守りたい”という気持ちと日々の行動のおかげ様。その恩恵にあずかる私たち旅人にできることは、地元のものを食べ、感じた素晴らしさを人に伝えることできっと応援になると思うんですよね。私が監修させてもらったコラボメニューはどれも超自信作! ですが期間など決して無理はせず、皆さんの“阿蘇”を見つけて応援してくださいね!

完成したコラボメニューはコチラ!

左上から
ファームレストランまきば
Dolce la Kuma-moto 1200円
DABERIBA
ライダーおとなさま定食 1950円
わろく屋
あか牛とカレーの洋風御膳 1800円
あそ路
阿蘇欲張りすぎ定食 2265円

※BikeJINコラボメニューのオーダーは原則、2020年9月1日~11月末日までとなります