ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

プロギタリスト田﨑慎也の『バイク乗ろうぜ』

キャンプ初心者のバイク乗りがBikeJINキャンプスターティングセットを使ってみた

どうも!バイク乗ろうぜの慎也(@ShinyaGuitar)です。

 

先日BikeJINのキャンプスターティングセットを使ってキャンプデビューをしてきました。

ずっとやりたかったキャンプ。いやね、最高に楽しかったですよ。

 

ちなみにキャンプ経験は幼い頃に両親に連れて行ってもらったことがあるくらい。

プロのキャンパーとはまた違った視点で、BikeJINのキャンプスターティングセットを実際に使ってみてどうだったのか?を書いていきます!

 

この記事は

  • BikeJINキャンプスターティングセットに興味がある
  • 実際に使い勝手はどうなのか?が気になる

そんなあなたに向けて書いています。

 

BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018

BikeJINにこんなキャンプセットがあることはご存知でしょうか?

テントにシュラフ、椅子やランタン、そして寝る時に敷くマットレスとそれらを入れる防水バッグ。

 

これがあればいきなりキャンプを始められるという楽ちんセットですね。

 

全くのキャンプ初心者だった俺にとっては非常にありがたい存在です。

とりあえず始められるっていうのが一番のメリットなのかなって思いました。

 

なぜなら初心者にとって、キャンプ道具に対して良い悪いの判断が出来ないんですよ。

 

例えば、このタイプのテントがバイクにはオススメ…こっちのタイプはバイクには向かない…

なーんて言われても正直分かりません。

 

「へーそうなんだ」くらいなもんです。

 

知識だけ詰め込んでも頭でっかちになってしまうだけです。

「とりあえずキャンプに行こうぜ!」っていうね。

 

何も考えずにキャンプを始められるのでBikeJINのキャンプスターティングセットは楽です(笑)

 

キャンプセットを実際使ってみてどうだったか?

テント設営の壁は意外と低い

キャンプ初心者にとって一番の壁がテントの設営だと思うんですよね。

デイキャンプに行こうにもなかなか時間は取れないし、1人じゃちょっと不安だし。

 

俺は設営に対する不安が一番大きかったです。

初めてのテント設営でしたが、説明書を見ながらやってもさほど難しいことはありませんでした。

 

初心者にきっとあるあるな(知らんけど)ペグの打ち方の角度がダメとか、フライシートの方向に悩むなどはありましたが、少し時間はかかりながらも設営をすることは出来ました。

あ、ベテランの方に少しだけ手伝ってもらいましたけどね。

 

一度テントの設営を経験してしまえば、次からは問題ないですね。

強いて言うなら風が強くてちょっと大変だったかな?という感じです。

 

キャンプをやっていると自然相手なのでそんな日もあるので経験ですね!

 

一番のお気に入りは椅子

Colemanのリーフィーチェアハイバックがこのセットの中で一番のお気に入りです。

 

早い時間にサイト入りして、テントの設営も終わった。

買い出しも済んでるし、あとはくつろぐだけ…

 

そんな時に使うのが椅子なんです。

 

キャンプに限らずですが、背の低い椅子にずっと座っていると地味に疲れるポイントって頭を置く位置なんですよね。

かと言って変な角度で座っていると首が疲れちゃうし。

 

デスクワークならずっと姿勢を正しておくのも良いですが、キャンプ場ではリラックスしたいですよね。

 

リーフィーチェアハイバックは背もたれが高く、頭まで椅子に任せることができます。

初めて椅子を開封した時は正直なところ「デカいな…」って思ったんですけど、このデカさがリラックスするのに役立ちます。

 

そしてサイズの割にコンパクトにまとまるので、一番のお気に入りになりました。

今後使っていく中で、経年劣化などでもし壊れたらまた同じものが欲しいなって思いますもん。

 

就寝時

寝る時に使うのが寝袋とマットです。

まず寝袋ですが、これは快適そのものです。

 

使いやすいし、モコモコしてて気持ちいいし。

 

キャンプをしたのが5月に入ってからなんですけど、標高が高いのもあって夜は気温が下がったんですよね。

12〜3℃まで下がったんじゃないかな…

 

そんな夜でも快適に眠ることができました。

もしかしたら真夏に使うのはちょっと暑苦しいかもしれませんね。

 

寝袋に入らず敷物にしてそう…

 

次にマットなのですが、エアーマットで快適に眠れそうです。

ちゃんとふくらませると、枕も付いてるし、寝心地はいいと思います。

 

ただね、ふくらませるのがめんどくさいんですよ。

 

俺は基本的にめんどくさがりなので、ふくらませることに途中で飽きてペランペランの状態で寝てました。

ちゃんとふくらませないと寝付きが悪いので、きちんとふくらませたほうがいいです…(汗)

 

手動のエアポンプがもう少しきちんと仕事をしてくれたら楽なんですけどね。

エアーマットは向き不向きがあるなと感じました。

 

これも使ってみた結果分かったことなので、大きな経験になりました。

 

まとめ

キャンプ初心者がとりあえず何も考えずに防水バッグにキャンプセット一式をぶち込んでキャンプに行けるっていうのがこのセットの最大のメリットです。

 

一度使ってみないとやっぱ分かんないですもん。

世間での良し悪しが自分の良し悪しに直結するとは限りませんし。

 

防水バッグは簡単に積載は出来ますし、キャンプセットも今後ずっと使っていけそうです。

一度キャンプをやってみて、足りないと思ったものを買い足していくのが一番いいのかなと。

 

BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSETのおかげで(せいで?)、あれも欲しいこれも欲しいという沼にすっかりハマってしまいましたね。

本当にバイクライフの幅が広がりました。

 

これからもこのキャンプセットでぼちぼちキャンプをしていきたいなって思います。

BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSETを検討しているあなたの参考になれば嬉しいです。

 

それでは!

 

田﨑 慎也 プロギタリスト

2008年にReyでLantisよりメジャーデビュー。様々なアニメソングや、トミカヒーロー、ゲームなどの楽曲を手がける。2013年にバンド解散後はソロギタリスト、サポート、デモンストレーター、楽曲提供などの活動をする。バイクが大好きで趣味が高じて『バイク乗ろうぜ』というブログとモトブログを立ち上げる。YouTubeチャンネルは開設後8か月でチャンネル登録者5000名を達成、ブログ開設後半年で3万PVを達成。バイク雑誌にも出演するなど幅広く活動。バイク業界を隅っこから盛り上げるための活動に尽力している。

 ツイッター(@ShinyaGuitar)

 ブログ『バイク乗ろうぜ』

 YouTube『バイク乗ろうぜ』