ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

キャンプツーリングのおすすめ特集

【第1弾・コーヒー】持っているだけで楽しみ方は劇的に広がる。キャンプ場ではアウトドアアイテムで遊べ!

ただのんびり過ごすのもいいけれど、楽しさあふれるキャンプもまた格別。
今回はコーヒー、燻製、焚き火についての、それぞれのアイテムを紹介しよう。
時間を忘れるキャンプにすることができるハズだ!

「コーヒーを淹れる時間」それこそが、ごちそうなのだ

世界にはさまざまなコーヒーと、それぞれの淹れ方があり、自分好みの1杯がある。
しかし、アウトドア好きならば、「いい風に吹かれながら飲むコーヒーが、何よりもウマイ」ということに異議のある人はいないハズだ。

お気に入りの場所でスペシャルな1杯

バイクは、集中力の持続を要求する乗り物だ。
長時間のライディングを終え、キャンプ地で荷を解き、気分を開放させる。
「コーヒーを淹れる」という作業は、その切り替えに最適な時間となるのは間違いない。

豆を挽くときに立ち上ってくる香りと手に伝わってくるミルの感触。水をくみ、バーナーに火を付け、ポットで湯を沸かすという一連の作業。
そのひとつひとつが、実はコーヒーの味以上のごちそうなのである。

\うまいコーヒーを飲むためなら100kmなんて余裕!/

ドッペルギャンガーのクッカー&パーコレーター・ミルセット「ラーメン、コーヒー、そして俺」

なかなかユニークな製品名だが、この名こそが、この道具の説明を端的に表している。
ラーメンを作るのに必要充分な容量を持つポットは、パーコレーターユニットを装備して、食事の後のコーヒーに対応する。そして何よりのポイントはコーヒーミル。
「コーヒーは淹れる時に挽くのがベスト!」というキモの部分を外していない

DATA
商品名:ラーメン、コーヒー、そして俺
価格:6264円
重量:433g
サイズ(本体):直径118×高さ133mm
サイズ(ミル):直径49×高さ123mm
問:ビーズ
TEL:050-5305-9905
http://www.dod.camp/product/rc1_468/

使い方

【1】器具に合わせた豆の粗さが肝心

パーコレーターでコーヒーを淹れる際には、ミルのダイヤルを調整して粗挽きにするのがポイント。豆の挽きが細かいと、豆を入れたバスケットから下に流れ落ちてしまう。細かく挽かれた豆はふるい落としておく

【2】豆は淹れる直前に挽く

コーヒーは何よりも香りを楽しむもの。あらかじめ挽いた豆と淹れる直前に挽いた豆では、その香りが段違いだ。ミルから伝わってくる「豆を挽く感触」もコーヒー気分をかきたててくれる大事な役割を果たす

【3】濃さはお好みで調整

パーコレーターの場合、沸騰したお湯が中心の管を上がり、バスケットの上からコーヒーに降り注ぎ、循環を繰り返して抽出する。 濃さは色で判断する。舌を焼くような熱々の薄いアメリカンコーヒーができ上がる