ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

加速するアンダー400の魅力

軽快なスモールアドベンチャ- SUZUKI V-strom250

Promotion

アドベンチャーツアラーV-Stromシリーズ、そのフィロソフィを受け継いだV-Strom250
伝統のスタイルが冒険心を掻き立てる
ストリートからツーリングまで、いつでもどこでも
V-Strom250とならワクワクが止まらない

問い合わせ
スズキ
http://www.suzuki.co.jp/motor/

価格:57万240円 / エンジン:水冷4st.並列2気筒248㏄ / 最高出力:24㎰/8000rpm / 最大トルク:2.2㎏-m/6500rpm / 全長:2150mm / 全高:1295mm / 全幅:880mm / ホイールベース:1425mm / シート高:800mm / 車重:188kg / 燃料タンク容量:17ℓ / タイヤサイズ:F=110/80-17、R=140/70-17 / カラー:ブラック×イエロー、レッド、ブラック

こいつとならどこへでも行ける

Vストローム250の佇まいは250㏄とは思えない堂々としたものだ。
実際Vストローム650の隣に並んでもまったく見劣りしない。しかしながらエンジンは250㏄なので当然車重は軽く、650より29㎏も軽量に仕上がっている。

またがってみると、横に立った時ほど大きさを感じない。ハンドル幅もロードスポーツ的で、自然なライディングポジションが乗りやすさを直感させる。

アドベンチャースタイルと言えば、シート高が気になるが800mmと、ロードスポーツ的な数値に納まっており、安心して扱えるレベルだ。
走り出すと6500回転で最大トルクを発揮する粘り強いエンジンのおかげで、ストリートにおける実用域で実にきびきび走る。

フラットダートに迷い込んでもその乗りやすさは変わらない。法律が許す土手の上やフラットな林道などを、ゆっくりとしたペースでなら十分楽しめるだろう。とはいえ、ロードタイヤなのでぬかるみに入ることはオススメできない。

12ボルトのソケットから電源が取れる。シート下ではなく、メーターの横に取り 出しが設定されており、各種デバイスの 電源確保も容易としている

まさにアドベンチャーバイクのコックピ ットデザイン。またがった瞬間に冒険心がくすぐられる。コンパクトだがそのフィロソフィは兄貴分と変わることはない

GSRシリーズを大ヒットに導いたのは、このエンジンのキャラクターによるところが大きい。トルクフルでスムーズ。とにかくストレスがない名機と言える

キャンプ道具を積んでロングツーリング。日常を冒険に変える

高速道路でも、250㏄としては抜群の安定感だ。
時速100キロからでもすっと加速する実力があるので、新東名の時速110キロ区間も心配はいらない。

小ぶりなスクリーンは、ストリートではアドベンチャー気分を盛り上げるにとどまるが、高速道路ではその効果は絶大で、悪天候になれば、大いにライダーを助けてくれる。

そして、ロングツーリングに出かけるなら、キャンプ道具などを積んでヘビーデューティな旅に出たくなる。
大型のリヤキャリアを標準装備しているので、キャンプバッグなども簡単に搭載できる。純正オプションのトップケースとサイドケースは車体デザインにマッチした専用設計で、ワンタッチで取り外しができる本格的なタイプ。また、キャリアのおかげでタンデムシートを確保したままキャンプバッグが搭載できた。

シッティングポイントには厚みが確保されながら、前方は程よくシェイプされており、快適性と足着き性の両方を確保している

アルミ製のグリップバー兼用リヤキャリア。下側にフックも装備して使い勝手が良い。純正のサイドボックス用ステーを標準装備

トップケース・サイドケースの積載性チェック!

トップケースとサイドケースで
この量が収まります!

荷物少なめ機動性重視ならトップケースだけでもOK
リヤキャリヤを使用して簡単に装着可能なトップケースは23ℓ容量で、内部の実測最大横幅は37㎝。
重心位置は高くなるが、車体に対する張り出しがなく、荷物が少ないときはトップのみを使うのもあり

トップケース(2万7000円)23ℓ

サイズ(内側実測値) 縦28㎝×横37㎝×高さ28㎝

車体着脱は簡単で容量は十分!
サイドケースは左右各20ℓ容量で、トップケースとのフルパニア状態では63ℓ容量まで積載力を高められる。
サイドケースの内部は、最大横幅が実測38㎝。奥行きを25㎝とすることで、車体に対する過度な張り出しを抑止しているため、市街地走行時もそれほど横幅が気にならない。
サイドケースには荷物固定用ベルトも装備され、車体に装着した状態でフタを開けても荷物がこぼれにくい

サイドケースセット(4万8600円)左右各20ℓ / トップ、サイドケースプレート(各6800円)

サイズ(内側実測値)
縦27㎝×横38㎝×高さ25㎝

タンデムシート併用可能
トップケースとサイドケースを装着した状態でも、テントなどの大きな荷物をタンデムシートに余裕で積載できる。驚異の積載能力だ

アタッチメント標準装備
車体には、純正アクセサリーのサイドケースを装着時に使用するアタッチメントが標準装備されているので加工は必要ない

Vストローム250を購入すると3ラゲッジシステムが30%OFFで買える!
期間:2018年3月1日~9月30日

キャンペーン実施中の「ツーリングサポートキャンペーン」期間中に、Vストローム250の新車と同時購入すると、トップケースとサイドケースおよび必要部品などで構成する3ラゲッジシステム(9万2880円)が30%オフの6万5016円で購入できる。このキャンペーンをぜひ活用したい!

問い合わせ
スズキ
http://www.suzuki.co.jp/motor/

Position

シート高は800㎜とロードスポーツ的な数値。足着きは心配ないレベル。
低くすぎないのが好印象。足の曲がりが大きすぎないので、ロングツーリングでは疲れにくい
[Tester] 168㎝ 70㎏

Vストローム250は最高の友だ

スズキがDRで切り開いたアドベンチャーバイクというスタイルを、21世紀に受け継いだVストロームシリーズ。
250もそのフィロソフィをしっかり受け継いで、冒険心を掻き立てる楽しいバイクに仕上げられている。

ベテランライダーからはダウンサイジングを考えた時に、大注目の1台となるだろうし、ビギナーにとっては乗りやすさに加え、押し出しの強いデザインを、大いに自慢できる1台になると思う。

Vストローム250は僕をどこにでも楽しい気持ちで連れてってくれる最高の友だ。