ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

季節ごとの楽しさを知れば見えてくる!

キャンプツーリング ベストシーズンのススメ【冬編】

日本には四季があり、その移り変わりを肌で感じられるのがキャンプの楽しさ。
春夏秋冬、それぞれに楽しさがあるので、その特徴を知って、自分の「ベストシーズン」を見つけてみよう!

冬にしか味わえない感動が待っている

寒さを乗り越えた先にある感動を体験しよう!

ほとんどのキャンパーが“冬眠”してしまうシーズンなので、キャンプ好きな人にとって穴場となる季節が冬。夏と違って暑くないので、食材の管理にあまり神経質にならなくても大丈夫だし、虫がいないので快適に過ごせる。

そして空気が澄んでいるので、星空がとてもキレイに見える。肉眼で眺めているだけでも、その圧倒的な迫力に感動してしまうほどだ。また、落葉樹が葉を落とすので、木々を飛びまわる野鳥の観察も楽しみやすくなるなど、アクティビティではそんなメリットもある。

しかし、冬期になるとクローズしてしまうキャンプ場も多いし、バイクでは積雪のあるフィールドへ出かけられないので、キャンプフィールドが限定されてしまうというデメリットもある。

なにより冬は本当に寒い。キャンプサイトでじっとしていることが多いキャンプスタイルであれば、厚手の綿入りジャケットはもちろん、オーバーパンツやウインターブーツなど、装備は大げさだと思うくらいの準備をしておこう。もちろん、焚火の準備も忘れないように。

温暖な半島にあるキャンプ場

標高が高いなど、気温が低いエリアにあるキャンプ場は、路面凍結の危険もあるのでバイクで出かけるのは危険。やはり半島など、温暖なエリアにあるキャンプ場へ出かけたい

暖房完備のコテージがあるキャンプ場

冬にキャンプはしてみたいけれど、テントで寝るのは心配。そんな人は、暖房を完備したコテージなど宿泊施設のあるキャンプ場へ出かけよう。ビギナーにはとくにオススメ

ウエアリングのポイントは?

じっとしていても寒くない装備を

朝晩は寒暖差が激しいので、フリースやダウンジャケット、帽子や手袋を準備してお冬は本当に寒い。焚火をしていても、暖かいのは炎にあたっている正面だけで、背中側は寒い。やはり防寒着は必須だ。中綿の入ったジャケットやオーバーパンツ、帽子、グローブは必須。また足が冷えると身体全体が冷えるので、ウインターブーツも準備したい

冬キャンプのメリット

  • 食材の管理が楽
  • 虫がいないので快適
  • 焚火が特にありがたい

冬キャンプのデメリット

  • ものすごく寒い
  • 路面状況が不安
  • 雪が心配

BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット 2017

BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット 2017

到着には3,4日ほどかかるので、購入はお早めに!

BikeJIN×Coleman 大人の焚き火セット 2017

BikeJIN×Coleman 大人の焚き火セット 2017

到着には3,4日ほどかかるので、購入はお早めに!