ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

はじめてのキャンプツーリング

[キャンプツーリング前に知っておきたい基礎知識]快適なキャンプに必要なものはコレ!

テントと寝袋を買えばとりあえずキャンプ泊はできるが、寝るだけでは正直言って味気ない。キャンプ場で快適な時間を過ごすために、ここで必要なアイテムをチェックしよう

1.テント
ツーリングに適したテントは、バイクに積載しやすいコンパクトなものだ。その中でも前室があるものや、コンパクト性優先で居住スペースを狭くしているものなど、いろいろなタイプがある。写真の2ルームテントと呼ばれる前室が大きなテントなら、雨が降っても身体が濡れることなく過ごせるし、ヘルメットやブーツ置き場としても活用できるので便利だ

2.調理器具
調理器具や食器も、コンパクト性を重視したい。お湯を沸かしたり、調理を行うシングルバーナーはキャンプの必需品。重ねて収納ができるコンパクトなクッカーや食器もあるのでチェックしてみよう

3.照明
夜のキャンプ場を照らすのがランタンと呼ばれる照明で、ガス、ガソリン、電池式などがある。これに加えて、両手をあけて作業ができるヘッドランプを用意しておくと便利

4.チェア・テーブル
ピクニックシートを敷いて地面に座るのもいいけれど、地面が固かったり、湿っていたりすると不快。また、地面に直接置くと食器も不安定なので、小さくても椅子やテーブルがあると快適に過ごせる

5.寝具
寝具は寝袋のほかに、テントフロアに敷くテントマット、地面の凹凸の影響を緩和するインフレーターマットを用意。こうすることで、地面からの湿気や冷気も防げるので、快適に眠ることができる

快適にキャンプしたいならきちんと道具は揃えよう

「とりあえず寝られればいいから、テントと寝袋があれば大丈夫でしょ?」なんて言う人は、ちょっと考え方を変えてみよう。

本誌では、快適で楽しいキャンプライフを提案したいので、やはりある程度の内容のキャンプグッズを揃えることをオススメしたい。

キャンプを楽しむために必要なグッズは『テント』『調理器具・食器』『照明』『椅子・テーブル』『寝具』だ。これらがあれば寝るだけでなく、食事ができ、夜更けまで友人と語り合ったりと、キャンプ場でのひと時がグッと楽しくなる。

どんなアイテムを揃えたらいいのか分からないという人もいると思う。そんな人はアウトドアショップのスタッフに相談するのも手だ。自分が、いつ・どんなスタイルのキャンプがしたいのかを説明すれば、それに合った道具を教えてくれるはず。

「これらの道具を一度に揃えるのは大変」という人は、まずはテントや寝袋など必要最低限の道具を揃え、あとは一緒に出掛けるベテランキャンパーの道具を借りてみたり、キャンプ場のレンタル品でまかなうと良いだろう。

用途に応じて便利グッズをプラスしよう

●グリル/焚火台

炭火焼きの料理や焚火は、キャンプでしかできない醍醐味のひとつ。コンパクトサイズのものもあるので、プラスワンアイテムとして活用したい

●タープ

強い日差しや雨をさえぎるための道具。さまざまな種類があるが、バイクに積むことを考えると、コンパクトに収納できるヘキサタープがオススメ

●クーラーバッグ

バイクではキャンプ場到着後に食材調達というパターンが多いので、食材の保存に便利なクーラーボックスは畳めるバッグタイプが便利

●ダッチオーブン

これひとつで、どんな料理でもできてしまうダッチオーブン。最近は6インチの小さいサイズや、ステンレス製の扱いやすいモデルがある