ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

はじめてのキャンプツーリング

[キャンプツーリング前に知っておきたい基礎知識]キャンプ場にある施設をチェック!

昔のキャンプツーリングライダーは“野宿”というスタイルが多かったようだが現在は“キャンプ場泊”が基本。ここではイマドキのキャンプ場の施設について紹介しよう

テントを設営する場所がしっかり分けられている「区画サイト」より、キャンプツーリングでは好きな場所にテントを設営できる写真のようなフリーサイトをオススメしたい

ワイルドなキャンプ場でも施設・設備が充実している

大自然の風を感じながら目的地へ向かい、緑に囲まれた静かなキャンプ場で、のんびりくつろいだり、野外料理を楽しんだり……。

そんなキャンプツーリングに憧れるけれど、どうしたらいいのか分からない、という人も多いはず。でも、キャンプは思っている以上に簡単で、難しいテクニックなど何ひとついらない。「ちょっとしたコツ」さえ知っていれば、簡単にできてしまうのだ。

まずキャンプ場がどういうところか知っておこう。キャンプ場=基本的に何もない自然溢れるフィールドと思っている人もいるかもしれないが、最近のキャンプ場はワイルドな環境でもきちんとした設備を用意しているところが多い。

清潔なトイレや炊事場はもちろん、お風呂やシャワーなどを備えるキャンプ場も少なくない。「テント泊は、ちょっと不安……」という人は、コテージやバンガローに泊まるという手もある。食事や団らんは野外で、寝るときだけコテージ。そんな使い方をすれば、十分にキャンプの醍醐味が味わえる。キャンプビギナーであれば、まずは設備からキャンプ場を選ぶのもいいだろう。

宿泊施設

コテージやバンガローといった、テントサイト以外の宿泊施設を用意するキャンプ場も多い。テント泊が不安なビギナーは、まずここから始めてみては

テントサイト

テントを張るスペースがテントサイト。サイトの種類によって、バイクが横付けできる場所とできない場所があるので、事前に確認しておこう

炊事場

サイトで使う水を汲んだり、料理の下準備や食器を洗ったりする共用スペース。蛇口を独占したり、汚したままにしないよう、マナーを守って使いたい

風呂・シャワー

「キャンプは不潔」というのは、ひと昔前の話。今では、お風呂やシャワーを備えている施設が多い。温泉や露天風呂があるキャンプ場も多い

トイレ

今どきのキャンプ場は、トイレがキレイなところが多いので女性でも安心。水洗はもちろん、シャワートイレや多目的トイレを備える施設も珍しくない

炭・ゴミ捨て場

キャンプ場には、ゴミの収集所や炭を捨てるスペースがある。キャンプ場によってゴミの分別方法が異なるので、ルールに従って利用しよう

管理棟

チェックイン・チェックアウトの手続きや、キャンプ場のルール説明や料金の支払いなどをここで行う。困ったことがあった場合も、ここへ

売店

薪や炭程度しか扱っていないところもあれば、お酒や食料、キャンプ用品まで揃っているところもある。取扱い品目を事前に確認しておくと安心だ

レンタル品や販売品を活用しよう

キャンプ場によってはテントや寝袋、ランタンなど、キャンプに必要なアイテムをレンタルや販売(薪、炭、ガスなど)してくれるところがある。荷物を少なくしたい場合はレンタル品を活用すれば気軽にキャンプが楽しめる。自分のキャンプギア+レンタル品で実際にキャンプをしてみてから、アイテムを吟味するのも賢いやり方だ