ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

【YAMAHA TRACER900 ABS】日本中を走ろう!キャンプに行くならトレーサー!!vol.2

Promotion


トルクフルなエンジン特性と
トラクションコントロール&ABSのおかげで
フラットダートなら普通に走破できる
砂利道のキャンプ場だって安心だ

問い合わせ
ヤマハ発動機
TEL:0120-090-819
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

サイドケース装着で優秀さがさらに増す

前述のようにトレーサー900は、オンロードを重視したアドベンチャーツアラー。ただし、オフロードが全然ダメというわけではなく、キャンプ場のアクセスルートや場内のフラットダートなら、一般的なオンロードスポーツ車と比べてだいぶ走りやすい。

低回転域からトルクフルで、アシスト&スリッパークラッチのおかげでクラッチワークのレバー操作荷重は軽い。これらのおかげで、ダート走行にあまり自信がないライダーでも、するするとスタートできる。3タイプから選べる走行モードを穏やかで扱いやすいレスポンスのB、2モード選択式のトラクションコントロールを介入度が多めの2にセットすれば、ABSが標準装備されていることもあり、安心して操れるだろう。積極的にダートを走るカテゴリーのバイクではないが、キャンプ場周辺の路面には十分な対応力だ。

そして、キャンプツーリングで問題となりやすい積載性に関しては、純正アクセサリーとしてワイズギアが用意しているサイドケースを使用することで、一気に解消できる。両側で44?容量のサイドケースには、キャンプで必要な道具を次々に詰め込める余裕あり。あとは、グラブバーかシートバッグにテントなどの大きな荷物を固定すれば、出発準備は完了する。

郊外を抜けるまでは、優れた防風性を頼りに高速を巡航。一般道に下りたら、トルクフルな3気筒エンジンの心地好さと、荷物を積載してもなお軽さのあるハンドリングを満喫しながら、バイクを走らせる楽しさをあきらめることなくキャンプ場に近づく。最後のダート区間もなんのその。お気に入りのサイトを見つけてセッティングが完了したら、アグレッシブなルックスのトレーサー900にはここで一度、ワイルドな雰囲気を演出する小道具となってもらう。でも当然ながら、翌日はまた一緒に走りを楽しむ相棒に戻る。 キャンプユースがそのすべてというわけではないのだが、トレーサー900とキャンプツーリングは極めて親和性が高いのだ。

DATA


18年型での熟成時に、形状変更と表面積拡大により高速走行時の防風性が高められたスクリーンは、手動により5㎜単位で10段階に位置調整可能。ライダーの体格にフィットさせられる


ハンドルグリップ周辺に当たる走行風を削減し、万が一の転倒時にレバーが破損する可能性を低減する、ブラッシュガードを標準装備。18年型で、よりスタイリッシュな形状に変更


表示内容をカスタムできる、フルデジタル表示のモノクロマルチファンクションメーターを搭載。2画面構成で、ツイントリップや走行開始からの時間、別売グリップウォーマー装着時のモードなども表示できる


メーターの左奥側あたりに、DC12V 電源ソケットを標準装備。ナビとして活用するスマートフォンなどの充電が簡単にできる。その下側に見えるスクリューはLEDデュアルヘッドライトの光軸調整用


ライダー側のシートは、手動により2段階に高さを調整可能。シート前方に柔らかめのクッションを採用して、快適性を高めている。タンデムシートは大きめかつグラブバー付きで、居住性に優れる


シートは前後セパレートタイプなので、社外品シートバッグの固定用ベルトを付けやすい。コードロープ使用時はグラブバーとタンデムステップを活用


グラブバーの下部に、サイドケース用マウントを装備。ケース装着には、サイドケースステーとスペアキーセットが別途必要となる

Specifications
TRACER 900 ABS
価格:111万2400円
エンジン:水冷4st.並列3気筒845㏄
最高出力:116㎰/10000rpm
最大トルク:8.9㎏ -m/8500rpm
全長:2160㎜
全幅:850㎜
全高:1375㎜
ホイールベース:1500㎜
シート高:850/865㎜
車重:214㎏
燃料タンク容量:18ℓ
タイヤサイズ:F=120/70ZR17、R=180/55ZR17

TRACER900 ツーリングサポートキャンペーン実施中!

キャンペーン期間:~6月28日(金)

ヤマハスポーツバイク取扱店で、6/28までの期間中にトレーサー900(GTを除く)を購入すると、ワイズギアカタログに掲載された用品の購入に使える10万8000円分のクーポンがもらえる!