ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

コバユリのバイクでお気楽アウトドア

ノマディカの新作ツーリングテントを紹介しちゃいます

今年こそキャンプデビューしたいと思っているあなた。キャンプギアはもうそろえ始めていますか? まだこれから、という方は、そろそろご準備のほどを。特に初めてのテント選びは、キャンプギアの中では値の張る大物だし、選択肢も多いので、あれやこれやと目移りしているうちにあっという間に数ヶ月。キャンプシーズンが来てしまいますよ!

…という具合に読者様のお尻に火をつけつつ、自分がプロデュースした新作テントを紹介しようとしているあざといコバユリであります。まあ、こんなのもあるのかと、ひとつの参考としてごらんいただければこれ幸い。アウトドア総合メーカー「テンマクデザイン」とMOTOアウトドアブランド「ノマディカ」が共同開発してご好評をいただき完売したツーリングテント「テンゲル」の第二弾。「テンゲルスタンダード」です。

【おすすめポイント① 収納サイズはほぼ変わらないのに、さらに広々!】
「テンゲルスタンダード」は「テンゲル」をベースに、ツーリングテントとしてより標準的な仕様と価格を重視して改良を加えたテントです。「テンゲル」の、天井の高い、広々とした空間をそのまま残しつつ、ポールを1本加えることで広い前室が生まれ、さらに広々と使えるようになりました! それでいて収納サイズは「テンゲル」とほぼ変わらず、気になる幅は積むバイクを選ばない45cmとなっています。

【おすすめポイント② 「テンゲル」の使い勝手のよさを踏襲!】
インナーテントは、天井が高く収納ポケットも多く備わり使い勝手のよさが好評だった「テンゲル」のものとほぼ同じです。

【おすすめポイント③ 簡単設営をお手伝いする親切設計】
フライシートの前後をすぐに判別できたり、3本のポールを迷わず正しい箇所へ設置できるように、パーツの色分けがほどこされていますので、ビギナーさんも安心。

【おすすめポイント④ お手頃価格!】
生地やポールのコストを見直すことで、価格を大幅に抑えることができました。この機能性で19,800円(税抜)は本当にお得!

テントを買ったあとには、設営の予行演習と、バイクへの積載の練習も待っていますよ。さあさあ、テント選び、始めましょう~!

小林夕里子(コバユリ) ライフスタイルエッセイスト

「日々の暮らしをよりアクティブ&ナチュラルに。」をテーマに執筆するエッセイスト。寄稿やメディア出演などを通じて、こと”オートバイのある暮らし”の喜びを女性の視点から発信している。執筆歴は十年余り。
北は北海道、南は沖縄の離島まで日本中をバイクで旅して回り、ときに海外へもアクセルを開けて、愛すべき人々、自然、アウトドア、食、乗りものなど、バイク旅だからこそ全身で受け止められたかけがえのない出逢いの数々をエッセイに綴っている。
同時に、女性ライダーが発信するアウトドアブランド「nomadica」(ノマディカ)と、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」のプロデュースも手がけ、”コトバ” ”モノ” ”コト” ”フィールド” を通じて、アクティブ&ナチュラルなライフスタイルをマルチに発信中。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。

【web】
<コバユリ>
   

<nomadica>