ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

秋のアウトドア展示会レポート➁


前回に引き続き、アウトドアメーカー合同展示会のレポートをお届けします。

バイクキャンプにもいろいろな楽しみ方がありますが、「もう散々やって飽きてきた」とか、「ほかの楽しみ方がわからない」などと、テンションが下がり気味の人が万が一いるならば、キャンプの原点に戻って「ブッシュクラフト」に挑戦してみるというのはいかがでしょうか?
かく言う私も、実はブッシュクラフトは未開拓領域で、上級者向けというか、かなりハードルが高いイメージがあったのですが、日本初のブッシュクラフト専門企業、その名も「ブッシュクラフト」さんのブースを見ているうちに、すっかり興味が湧いてしまいました!

「自然の中で生きる知恵」で遊ぶ

そもそも「ブッシュクラフト」とは、「自然の中で生きる知恵」という大きな意味を持つ言葉。これをキャンプに当てはめると、最小限の道具だけを持って自然の中に出向き、木の枝や落ち葉など、自然の素材を利用して、煮炊き・寝泊まりをするスタイルを指します。
「サバイバル」が生き延びる活動であるのに対して、ブッシュクラフトは「サバイバル術で遊ぶライフスタイル」と言えそうです。そしてこれを玄人だけのものにせず、老若男女、誰もが親しめるような道具を製作、販売しているのがこちらのメーカーです。その世界観は、こんな感じ。

ブッシュクラフターのテントサイトをイメージした展示。原始的なのにおしゃれで、どこか懐かしくもあり心躍る! 『ORIGAMI TARP』はまさに折り紙のように、シチュエーションに合わせて幾通りもの形で設営ができます。

一番人気商品の『たき火フライパン』は、柄の部分を現地で自作して使います。握りやすさや長さ、形など枝それぞれが持つ個性を吟味して作る楽しさが、料理のモチベーションも上げてくれそう!

その料理に使う火を熾すのに、ブッシュクラフトでは「フェザースティック」というものを作って使います。マッチ一本で焚き火を熾せるようになるための、ナイフも付属した『フェザースティックお試しセット』を発見。まずはここから始めてみるのがいいかも!

イスも現地で自作! 白い布の部分(『ログキャリアーAチェア』という商品で、椅子、薪運び用バッグなどいろんな使い方ができます)だけ持参して、あとのパーツはすべて現地調達。しっかりとして安心できる座り心地でビックリ!

「ブッシュクラフトはナイフに始まりナイフに終わる」とも言われるくらい、ナイフはなくてはならない道具で、スキルや目的に合わせて実に様々なナイフがあるそうです。美しくて見入ってしまう~。

キャンプを覚えると災害時にも役立つと言いますが、自然との共生率が高いブッシュクラフトを覚えると、さらに人のためにもなれそうな気がします。加えて、荷物をコンパクトにまとめたいバイクキャンパーにとっても利点が多いブッシュクラフト。キャンプにじっくり向き合いたいこれからの季節、まずは火熾しからチャレンジしてみようかな!

BikeJIN Camp Meeting in山梨県早川町 開催!!

小林夕里子(コバユリ) ライフスタイルエッセイスト

「日々の暮らしをよりアクティブ&ナチュラルに。」をテーマに執筆するエッセイスト。寄稿やメディア出演などを通じて、こと”オートバイのある暮らし”の喜びを女性の視点から発信している。執筆歴は十年余り。
北は北海道、南は沖縄の離島まで日本中をバイクで旅して回り、ときに海外へもアクセルを開けて、愛すべき人々、自然、アウトドア、食、乗りものなど、バイク旅だからこそ全身で受け止められたかけがえのない出逢いの数々をエッセイに綴っている。
同時に、女性ライダーが発信するアウトドアブランド「nomadica」(ノマディカ)と、北軽井沢のキャンプ場「アースマイルビレッジ」のプロデュースも手がけ、”コトバ” ”モノ” ”コト” ”フィールド” を通じて、アクティブ&ナチュラルなライフスタイルをマルチに発信中。(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。

【web】
<コバユリ>
    

<nomadica>