ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

ホントにスタートできるか、徹底検証!“ウワサの”キャンプセット使ってみました

キャンプツーリングに最低限必要な道具が一気にそろい、
巷にあふれる「キャンツー予備軍」達の背中を押してくれるキャンプセットがあるらしい。
今回は本当にキャンプをスタートできるのか、実際に使ってみました!

すぐにキャンプできるその実力はいかに!?

バイクライフの総合誌「培倶人」という雑誌に、キャンプツーリングを始めたいライダーにオススメの品があるらしい(白々しい)。ということで今回、ワタクシ、モリがその実力をガチで1泊のキャンプをして確かめることにした。

出発前夜、編集部でセットであるキャンプ道具一式をバッグに詰め込む。セット内容はテント、寝袋、マット、チェア、ライト、そして防水バッグの6点。形は若干崩れるものの、バッグは一気室なのでラクラク収納でき、僕はセットに加えてクッカーセットを入れてみた。バッグに付属しているバンジーコードを使ってバイクに積載し、いざ、キャンプ場へ。

キャンプ場に到着するとまずは設営に入る。このバッグだけだと食材を買ってからキャンプ場に向かうのは積載量的に難しいので、設営してから買い出しに出かけてというパターンになるだろうか。
こうしてキャンプをスタートしたが、キャンプの楽しみはココから!詳しい僕の気に入ったポイントは下記に譲るとして、ゆったりとしたチェアとぬくぬくとあったかい寝袋にくるまりながら、ゆっくりとお酒を飲む1人だけの時間。ソロキャンらしい〝自由”な時間を過ごせたのだった……。

使って分かった、キャンプセットの実力!

POINT1

構造がシンプルで立てやすい
四方をペグで固定し、テントの中央にポールをたてたらほぼ完成! 構造がシンプルだから、設営もカンタンだった

エクスカーションティピー/210
通常販売価格:1万4904円

POINT2

意外と便利マグネットのライト
マグネットで天井に貼り付けることができるので、就寝前はとくに助かった。光量もすごくあって、夜間トイレに行くときに使用したが、手持ちなところ以外はなにも問題はなかった

バッテリーロックツーインワンテントランタン
通常販売価格:3218円

POINT3

ゆったり&ぬくぬく過ごせる
キャンプ場で人をダメにするアイテムがこの2点。背もたれが頭まであるロングのチェアに、着用したまま歩ける寝袋。眠くなったらそのまま寝ることができるのが最高!(笑)

リーフィーチェアハイバック
通常販売価格:1万3824円
コルネットストレッチⅡ L0(カーキ)
通常販売価格:1万778円

POINT4

砂利でもマットで安眠を約束
このマットは、ほっといたら膨らむというスグレモノ。とりあえずキャンプ場に着いたらキャップを開けてほっとけば、テントの設営が終わる頃にはマットが膨らんでいるというもの。個人的にはこのあと3吹きくらいでちょうどいい

エアーマットウェーブ
通常販売価格:7560円

POINT5

完全防水なのでラフに扱える!
キャンプ場は汚れるもの。“完全防水”という言葉がどれだけ心強かったか!どこでもラフに使用でき、ショルダーベルトも着いているので、持ち運びもラクちん。バンジーコードは2本だけなので、フックポイントには要注意

AQA DRYカーゴ
通常販売価格:6372円

このキャンプセット+クッカーの装備があれば、「寝る」「座る」「料理」の3つは十分に満喫することができ、快適なキャンプを過ごすことができたのだ。キャンプセットいいじゃん!で、気になるお値段だが……、なんとコレだけ揃って4万円を切るだとぉ(白々しいその2)!?

ただ、ひとつだけ難点が。1回キャンプしてしまうと、欲しいアイテムが増えてしまうこと。僕自身、今回キャンプセットで1泊したが、このセットにタープを追加したくなりました(笑)。こうして、キャンツーの深みにどんどんハマっていくのだが、キャンツーに二の足を踏んでいるそこのアナタ。コッチ側に、来ない?
このキャンプセット、おすすめです!

\ 限定156セット /
キャンプスターティングセット2018
6点セットで1万6757円もおトク!
計3万9900円

BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 購入はコチラから

より現地を快適にしたいなら、アミカスセット!

さらにキャンプ場で快適に過ごしたいならクッカーセット。コレがあれば料理もはかどる!
コンパクトに畳めて、キャンプセットの収納袋にラクラク入った

BikeJIN×SOTO
AMICUSクッカーセット

販売価格:1万2000円

BikeJIN編集部 モリ

なんやかんやで毎年最低1アイテムを購入し、年2回くらいはキャンプを決行。あんまりハマっているつもりもなかったが、実はハマっていることを最近自覚