ツーリングを楽しむ全てのバイク乗りのためのWebメディア

BikeJIN

大量生産を基本として、自動化、機械化の一途をたどる製造現場
だが、自分たちの根源がどこにあるかを探っていった時
ヤマハは「手」に行き着いた。人の手が間にあること、つまり、手間──
20年12月開設のウェブサイト「Yamaha Motor Craftmanship ヤマハの手」は
手間の価値に満ちている

記事2件

vol.1

ほんのわずかな、でも決して見逃せない「手間」

ヤマハ発動機の技術者と出会うたびに思う。控えめだな──と。 謙虚、謙遜、謙譲。
決して大げさではなく、そんな言葉が自然に浮かぶのだ。自分たちの造ったモノに対して、誰もがもちろん自信を持っている。だが、それを押しつけようとはしない。このスマートさは、製品のデザインセンスのよさと相まって、ヤマハの個性にもなっている。

続きはこちら →

vol.2

ライディングを可視化し、安全向上に役立たせる

単独で自由に移動できるバイクの魅力が、今、再認識されている。コロナ禍にあって、バイク業界は新車、中古車、用品、メンテナンス、そして免許の新規取得者数など、軒並み上向きだ。

続きはこちら →